新春のお喜び申し上げます。
いつもアプリトリップをご支援ご協力いただき、本当にありがとうございます。
昨年は新しい出会いがあり、有難い1年となりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

コロナウィルスの変異株が次から次へと現れ、感染が収まらない昨今、常にマスクをして、会食や外出を控える日々が日常となりました。慣れとは怖いもので、そのことに対してストレスを感じなくなっている自分がいます。そして、人間には環境適応能力が備わっているということをまじまじと体感しています。

人込みにいけないならと登山をしたり、滝を見に入ったり。外食できないならと、レシピを見ながら初めての料理に挑戦してみたり。むしろ、これまでにないほど、充実とした時間となりました。

なかでもトルサファームの活動は、私にとって格別の時間となりました。楽しみのひとつは、四季折々のもぐもぐタイム。ふきのとうから始まり、わらび採り。おやつにいちごやミニトマト。夏、喉が渇いたらスイカをがぶり。秋は栗をひろい、イチジクをかじり、柿を干し、なつめをパクリ。それはそれは満喫させてもらいました。

小さな畑は、ほぼ手作業で工夫と試行錯誤の連続です。うまくいかないことが多く泣きたくなる時もありますが、芽がでる姿をイメージして、汗をかいて実践して、成長して美味しい野菜になった時は、思わず笑顔がこぼれます。

私にとって畑での取組みは人生の学びです。全く人の手を借りずに喜んで育つ野菜もあれば、手をかけすぎて駄目になる野菜もあります。よく言われることですが、子育てに似ています。雑草は嫌われ者ですが、うまく利用することもできます。ものは考えようですね。何度も塩梅が重要です。

それに自然は”あたりまえ”の大切さを教えてくれました。自然にとってのあたりまえ。植物にとってのあたりまえ。自分にとってのあたりまえ。あたりまえが必ずしもあたりまえではないと気づいたら、日々の暮らしが変わりました。人も景色も愛おしく感じますよ。自分のあたりまえ”をしっかりやっていければ、少々楽観的ではありますが、きっと人生、万事うまくいくと思います。それぞれの”あたりまえ”を改めて考えて大切にしていきたいものですね。

四季を感じながらの畑での経験が、自分の人生を豊かにしてくれます。一生涯かけて土の変化や野菜の成長を楽しみながら、自然から生き方を学んでいこうと思います

皆様にとりまして、健康で笑顔に囲まれる一年となりますように。

2021年が始まりました。
旧年中は、ご支援ご協力いただき、本当にありがとうございました。
アプリトリップと繋がるすべての皆様に感謝申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年は、COVID-19の感染が世界中に広がり、これまでの生活様式が変わり、当たり前だったことが当たり前でなくなりました。外出時のマスクの着用は当たり前になり、自由な移動は当たり前でなくなりました。海外はもちろん国内であっても気軽に県をまたぐことに罪悪感すら感じるようになりました。友人や大切な人と会えず、寂しい想いをされている方も多いと思います。

でも、良いこともありました。人と会う機会が減り、自分と向き合う時間が増えました。近年の私は、何か新しいことを始める時には、知らず知らずのうちに誰かを頼っていました。失敗したくない、効率よくやりたい、などという思いが歳をとるにつれ大きくなり、いわゆる守りの人生を歩んでいたと気が付きました。結果、詳しい人が近くにいない、日程が合わないなどと自分に言い訳をして、やりたい!やってみたい!ことを始められずにいました。

2021年は、人に頼らず「自分でやってみよう」と思います。失敗を繰り返し、時間をかけ学びや経験を充実させることで、いつか自由にたくさんの人に会えるようになった時に、自分の世界がもっともっと広がるような気がします。

こんなふうに決意をすると、不安で暗い話題の多いこの時代であっても、とってもわくわくするんです。どんな状況になろうとも、自由に思想することはできるし、自分でやりたいことはできるのだから。

皆様にとりまして、明るく健康な一年となりますように。

新年おめでとうございます。
昨年も沢山の方にお世話になりました。ご縁をいただいた方々に改めて感謝申し上げます。
本年もどうか宜しくお願いいたします。


今年は雪が積もらないということもあり、年末年始の気持ち的な区切りをあまり感じないお正月となりました。
しかしながら、カレンダーの1月のページを目にすると新しい年の始まりだということをまざまざと見せつけられ身が引き締まる思いです。

近年、歳を重ねるにつれ、「死」というものに立ち会うことが多くなりました。私の場合、それは突然やってきて、悲しむという感情よりも唯々その人の肉体がなくなってしまったとういう現実を突きつけられたような気分になります。
生かされている私ができることはなんだろう? それは、「今を生きるだけ」。では、どのように生きたらよいのだろうか? 日々思いは変わるもので、答えは容易には見つかりません。
ただ思うのは、その時にできることを懸命にやる。ということだけです。
シンプルな暮らしの中に生きがいを見出して生きることをその時がくるまで続けるだけです。

アプリトリップは、大それたことはできません。ですが、ご縁をいただいた方々がほんの少しでも幸せを感じてもらえるように、誠意をもって活動をしていきたいと思います。

今年もどうぞ、笑顔いっぱい心豊かな一年となりますように。

新年おめでとうございます。
今年も晴れやかな気持ちで新年を迎えることができました。
アプリトリップと繋がるすべての皆様に感謝申し上げます。
いつもご支援ご協力いただき、本当にありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は、「ローカリズム」※自分の住む地方や郷土を第一とする主義。地方主義。
の気持ちを大切にと考え、背伸びをせずに、自分ができる小さなことを積み重ねた年でありました。

世の中が変化するスピードはとても早く、ついていこうとすると無理が生じるような気がします。
時には嘘をついたり、誰かを裏切るようなこともあるかもしれません。
けれでも、本当に自分にとって大切なものは、その変化するスピードの中にあるものとは真逆のところにあり、変わらずいつもそばにあるような気がします。
自分にとって大切なものは何かと、時々は立ち止まって考えたいものです。

今年も変わらず、自分にとって大切な日々を丁寧に過ごしたいと思います。
そして、アプリトリップが関わる方々が笑顔になるような、小商いを目指していきたいと思います。

今年もどうぞ心身ともに健康で笑顔あふれる一年となりますように。

晴れの日が続くうちに、土づくりを頑張りましたー
毎年、本当に骨が折れる作業です。

トルサファームでは、栄養がたっぷり必要とする野菜畑には、完熟たい肥、米ぬか、もみがらなどを畑に入れます。
栄養が要らない野菜畑には、もみ殻だけを畑にまきます。

完熟たい肥は、近隣の牧場から。
もみ殻や米ぬかは、米作りの副産物として、ありがたく畑で使わせてもらっています。
米ぬかは、野菜のうま味を引き出し、土壌病害を抑える効果があるそうですよ。

今年も微生物さん達の活躍に期待します!!!

 

今回は、春休み中の助っ人が大活躍してくれました。
堆肥をネコ車に積みこみ、運ぶを繰り返す作業を、文句を言わず、もくもくと働く姿に成長を感じ、感動してしまいました。
心も体も大人になってきたんだと実感。

でも時折、子供らしさも。
堆肥の山で、弟とカルデラづくりをして遊んでおりました(笑)

今年も、おいしい野菜が育ちますように!

 

そうそう、つくしも顔をのぞかせていましたよ。